レビュー
» 2013年04月17日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ビッグデータ活用に最適なストレージとは?

ついに提供された「Microsoft SQL Server 2012」。その主要機能とともに、ビッグデータ活用の際のサービスレベルを支えるためのストレージソリューションについて解説する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 高度な分析用途、ミッションクリティカルなシステムへの適応が可能な「Microsoft SQL Server 2012」。「データを即座に活用したい」「いつでも正しい情報に最適にアクセスしたい」こうしたニーズをかなえるために、セルフサービスBI機能や高速DWH展開、仮想環境での活用、可用性確保などを備え、マイクロソフトがビッグデータ時代に向けて満を持して発表した製品だ。

 このホワイトペーパーではMicrosoft SQL Server 2012のパフォーマンスと可用性を向上する新機能とともに、そのサービスレベルを支えるストレージソリューションについて解説している。変動性の高い大量・多量なデータを活用するには、システム全体、特にストレージによる高速化と高可用性の活用も重要となる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ