ニュース
» 2013年04月17日 15時03分 UPDATE

2012年は前年比4%成長、IDCのソフトウェア市場予測

IDC Japanが発表した国内ソフトウェア市場規模の予測によると、2012年の売り上げ額は前年比成長率4.0%の2兆2508億8300万円となった。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは4月17日、国内ソフトウェアに関する市場予測を発表した。

国内ソフトウェア市場 2012年の推定と2013年〜2017年の予測(出典:IDC Japan) 国内ソフトウェア市場 2012年の推定と2013年〜2017年の予測(出典:IDC Japan)

 2012年の国内ソフトウェア市場の売り上げ額は、前年比成長率4.0%の2兆2508億8300万円と推定。2012年の国内ソフトウェア市場を大分類別に見ると、アプリケーション市場規模は前年比成長率3.1%の9376億8000万円、アプリケーション開発/デプロイメント市場は同5.7%の4821億5500万、システムインフラストラクチャ市場は同4.1%の8310億4700万円となった。

 2013年の国内ソフトウェア市場は、前年比成長率3.7%の2兆3349億4200万円と見込んでいる。また、2012年から2017年の年間平均成長率は3.4%となり、2017年には2兆6658億1100万円に達するとIDCは予測する。企業は競争力をより高めるため、業務システムのグローバル対応、ビッグデータ/アナリティクスの活用、システム基盤の仮想化/クラウド化など、新たなソフトウェアへの投資を持続的に行っていくとみられている。

 大分類別に見ると、アプリケーション市場の2012年〜2017年の年間平均成長率は2.9%、アプリケーション開発/デプロイメント市場は同4.9%、システムインフラストラクチャ市場は同3.2%と予測されている。

関連キーワード

ソフトウェア | IDC | 市場規模 | 調査


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -