レビュー
» 2013年04月18日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:SQL Serverのパフォーマンスは新機能「AlwaysOn」とEMCストレージでどれだけ改善するか

業務データの信頼性の向上とデータの活用を同時に実現するには? Microsoft SQL Server2012の新機能「AlwaysOn Availability Group」が実現するOLTPとOLAPの分離によるパフォーマンスの向上のテスト結果は?

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 SQL Serverの最新バージョン「Microsoft SQL Server 2012」の新機能の中でも目玉となる機能が「AlwaysOn」だ。AlwaysOnは「常時稼働」を実現するための複数の機能の総称であり、特に大規模、高信頼性が求められる環境に対して、サイト間でのデータ保護の信頼性を向上させるとともに、分析系のOLAPをOLTPから分離、負荷分散することによる業務系OLTPパフォーマンスと分析系OLAPパフォーマンスの両方の向上を実現することができる。

 本Webキャストでは、SQL Server 2012のAlwaysOn環境でEMCのストレージを組み合わせた場合に、どれほどのパフォーマンスがでるか測定した結果を公表している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ