レビュー
» 2013年04月19日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:インメモリーBIの能力を最大限に引き出すQlikViewの「連想技術」を徹底解説

特許取得済みの「連想技術」と「インメモリー」の二大特長により、躍進を続けるQlikView。そのコアテクノロジーである「連想技術」をウェブキャストによって徹底解説する。なぜQlikViewは、「走りながら、考えることのできる」製品なのか? その秘密に迫る。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 「明日何が起こるかを教えてくれれば、それにあわせて事前に要件定義し、優れたBIシステムを構築します。」

 激変の時代に、このようなBIシステムの導入は現実的だろうか? 何が問題なのか、どのように対処すべきかが分からないからこそ、BIが必要なのにも関わらず、先に答えを考えなければいけないBIツールから、真のインテリジェンスは得られるだろうか?

 こんな時代だからこそ、独自の「連想技術」で事前の要件定義を必要とせず、誰もが全明細データ内を探索できるBIツール「QlikView」が活躍するのだ。

 QlikViewの特長は、インメモリーの圧倒的高速性のみならず、その連想技術にある。本ウェブキャストでは、その連想技術を徹底解説するとともに、その連想がもたらす効果を説明する。デモを交えたウェブキャストで、膨大なデータの中を探索をしていく喜びを実感しよう。

 インメモリーBIが取り沙汰される中、「走りながら考えられる製品」と「考えてから走らなければならない製品」とでは大きな差が生じる。本ウェブキャストで、その違いが明確に分かるはずだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -