レビュー
» 2013年04月24日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「遅いSharePoint」を解決する、コラボレーション基盤の高速化術とは?

コミュニケーション基盤であるSharePoint Server。コミュニケーション規模の急拡大に伴い顕在化しつつあるのが、SharePointのパフォーマンス劣化だ。その具体的な解決策を紹介しよう。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 グローバル化の進展によるビジネスコミュニケーションの急拡大は、多くの企業がコミュニケーション基盤に利用する「Microsoft SharePoint Server」にも大きな変化を促す。複数の拠点を抱える企業の場合、情報の整合性や管理性を考慮して、SharePoint Serverを1つの拠点に集約させる企業も多いはずだ。ホスティングなどでSharePoint Serverを利用する企業もあるだろう。いずれの環境においても、コミュニケーション規模の拡大により、SharePoint Serverのパフォーマンス劣化が避けられなくなっている。

  SharePoint Serverのパフォーマンス劣化を抑え、リアルタイムなビジネスコミュニケーションを維持するにはどうすべきか。本ホワイトペーパーはWAN最適化をはじめ、SharePoint Serverによる快適なコミュニケーションを実現するための具体的な解決策が詰まっている。ぜひご覧いただきたい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -