レビュー
» 2013年05月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:スマートデバイスの普及で重要さが増す認証ネットワーク、NetAttest EPSで簡単構築、簡単運用

デバイス/ワークスタイルの多様化により、無線LANやVPNなど、社内LANの入り口で「利用者」や「端末」を認証することがより一層重要になってきている。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 スマートデバイスをビジネスで利用する流れが加速している。

 しかし、セキュリティ対策が不十分のまま、無線LANやリモートアクセス(VPN)の環境を整備すると、情報漏洩が発生する可能性が高くなる。この際に重要になるのが「認証」である。社内ネットワークに接続する際に、「利用者」や「端末」の認証を行うことにより、会社が許可していないスマートデバイスからの接続を排除できる。

 NetAttest EPSは、認証LANスイッチや無線LANアクセスポイント、VPN機器などと連携し、「利用者」や「端末」が正規のものか否かを判断する認証サーバ。認証サーバとして必要なRADIUSサーバ機能、ユーザ管理機能、プライベートCA(認証局)、ワンタイムパスワードなど、ネットワーク認証で必要な機能を1台で実現したアプライアンスである。

 ホワイトペーパーでは、スマートデバイスを安全かつスムーズに導入する方法等を説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -