ニュース
» 2013年05月13日 15時23分 UPDATE

国内BA市場は前年比3.7%増、製造業のグローバル対応が牽引

IDC Japanが発表した国内EA/BAソリューション市場の産業分野別予想によると、2012年の国内EA/BAソリューション市場はそれぞれ前年比成長率1.9%、3.7%と堅調な伸びを示したことが分かった。

[ITmedia]

 IDC Japanは5月13日、国内のEA(エンタープライズアプリケーション)ソリューションおよびBA(ビジネスアナリティクス)ソリューション市場の産業分野別予測を発表した。

 それによると、2012年の国内EA/BAソリューション市場は、EAの市場規模が1兆9227億300万円で前年比1.9%増、BAの市場規模が同3.7%増の8885億9900万円となった。2012年は、リーマンショック以降にIT支出の抑制傾向が長期化していた製造業において、IT支出の寄り戻しがみられたという。経営環境の変化が激しさを増す中、生産、物流、在庫、販売、会計といったあらゆる企業活動をグローバル対応させていくための取り組みが、業務レベルでの検討を超え、全社システムへの展開といった形で実際のIT支出につながったことという。

 2013年の同市場について当面の間は、グローバル対応が求められる製造業からのIT支出が市場を牽引していくとみられている。しかし2014年以降は、個人向けの金融商品の販売における優良顧客の囲い込みを狙ったCRMソリューションや、不正検知のためのBAソリューションに対するIT支出の増加が期待される金融やオンラインチャネルの強化に加えて、生産/物流機能の強化を目指す流通/小売に同市場の牽引役がシフトしていくものと考えられている。IDCでは、国内BAソリューション市場の2012〜2017年における年間平均成長率は4.8%で推移し、2017年の同市場規模は1兆1218億2700万円になると予測している。

 EA/BAソリューションのうち、企業への浸透率が相対的に低いCRMソリューションやBAソリューションに関しては、今後も新規需要を中心に、堅調な支出傾向が続くと同社は予想。ソフトウェア&セキュリティ リサーチアナリストの浅野晋平氏は、「企業におけるBAソリューションの浸透率を高めるには、初期導入費用が少なく、短期導入が可能なソリューションの提供を通じて、企業ごとに異なる分析対象データや分析手法の見極め、短期におけるROIの算出を支援していくことが重要」と述べている。

idc0513.gif 国内EA/BAソリューション市場予測: 2012年〜2017年(出典:IDC Japan)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -