レビュー
» 2013年05月17日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:トヨタ紡織東北の「かんばん方式」を支える「Pullsystem」と無停止型サーバ技術とは

「“絶対に止まらないシステム”を構築することが必須でした」――トヨタグループにおける自動車製造ラインの一翼を担うトヨタ紡織東北は、システム障害の発生確率を極限まで低減させることに成功した。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 「クラスタ構成のサーバや、他社のノンストップコンピュータでは思うような効果が得られなかった」

 自動車内装品を製造するトヨタ紡織東北株式会社。同社における「かんばん方式」を用いた無停止型生産物流情報システムの構築を担う、トピックス社の担当者はこのように語る。

 「かんばん方式」のシステムの停止は、自社の製造ラインはおろか、関連企業への供給をも止めてしまう。そうした厳しい環境の中で、トピックス社が“システム障害のリスクが極限まで少ないサーバ”として新システムの基盤となる「Pullsystem」に採用したのが、99.9999%(シックスナイン)以上の連続稼働率を誇る、ストラタスの無停止型サーバ技術だ。

 世界に誇る生産システムの一翼を担う同社が、数ある冗長化技術の中からストラタスを採用した理由とは―。瞬秒の停止も許されない情報システムを運用する企業にとって、大いに参考となる事例だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -