ニュース
» 2013年05月20日 16時37分 UPDATE

2012年の国内セキュリティ市場は4.7%増、標的型攻撃への危機意識がけん引

IDC Japanが発表した2012年の国内セキュリティ市場規模実績は、ソフトウェア製品とアプライアンス製品を合わせた市場規模が前年比成長率4.7%の2220億円となった。

[ITmedia]

 IDC Japanは5月20日、2012年の国内セキュリティ市場規模実績と2017年までの予測を発表した。ソフトウェア製品とアプライアンス製品を合わせた2012年のセキュリティ製品市場規模は2220億円で、前年比成長率は4.7%となった。2012〜2017年の年間平均成長率は3.9%で、2017年には2693億円に拡大すると予測している。

 セキュリティソフトウェア市場は、アイデンティティ/アクセス管理とエンドポイントセキュリティでの需要が高く、前年比成長率は4.0%、市場規模は1898億円だった。2013年以降は、クラウドサービスやモバイル端末の利用拡大、巧妙化と悪質化する標的型攻撃の増加によって、アイデンティティ/アクセス管理とエンドポイントセキュリティ、セキュリティ/脆弱性管理への需要が拡大するとみている。セキュリティソフトウェア市場の2012〜2017年における年間平均成長率は3.8%、2017年には2291億円に拡大するという。

 セキュリティアプライアンス市場は、標的型攻撃対策としてニーズが高いIDS/IPS(不正侵入検知/防御)および、モバイル端末の利用拡大よってリモートアクセスのセキュリティ基盤として需要が拡大したファイアウォール/VPN、UTM(統合脅威管理)が市場をけん引。市場規模は前年比8.8%増の322億円で、2011年のマイナス成長からプラス成長に転じた。2013年以降もリモートアクセスの増加でファイアウォール/VPNやUTMの需要が拡大すると見込まれている。また標的型攻撃への対策として、IDS/IPSへのニーズも引き続き高いとIDCはみている。同市場の2012〜2017年における年間平均成長率は4.5%で、2017年には402億円に拡大すると予測する。

 2012年のセキュリティサービス市場は6504億円、前年比成長率は4.6%だった。同市場では標的型攻撃への危機意識の高まりと、サーバ/システムの統合に伴うセキュリティシステムの再構築需要の拡大、また、スマートデバイスとクラウドサービスの利用拡大により、需要が拡大している。この状況は2013年以降も続き、同市場の2012〜2017年における年間平均成長率は3.9%で、2017年には7884億円に拡大するとしている。

idc0520.jpg 国内セキュリティ製品市場 セグメント別売上予測、2012年〜2017年(出典:IDC Japan)

関連キーワード

セキュリティ | IDC | 市場規模


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -