ニュース
» 2013年05月21日 17時11分 UPDATE

新製品:ビッグデータ分析を支援する新たなDWH、日本テラデータが発表

日本テラデータは、Teradataデータウェアハウス用超並列プラットフォームの最上位機種の新モデル「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6700」を発売した。

[ITmedia]

 日本テラデータは5月21日、Teradataデータウェアハウス用超並列プラットフォームの最上位機種の新モデル「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6700」を発売した。

 Teradata Active EDW 6700は、Teradata Active EDW 6690およびTeradata Active EDW 6650の後継機種で、最新プロセッサの採用による大幅なパフォーマンス向上や、新しいキャビネットデザインによる設置面積の削減を実現した。また、同社の提唱するビッグデータ分析環境「Teradata Unified Data Architecture」のための通信能力を強化しているという。

 製品ラインアップとして同社は、ハイパフォーマンスなSSDと大容量のHDDの両方を搭載するハイブリッド型ストレージ構成の6700Hモデルと、HDDのみを搭載する6700Cモデルを提供する。それぞれ最新のインテル Xeon E5プロセッサを搭載、ノード間の接続にはMellanoxのInfiniBandを採用し、接続ソフトウェアのTeradata BYNETの最新バージョン5(BYNET V5)との組み合わせによって、最大2000の並列処理ノードの接続を可能にした。

 キャビネットは42Uラックキャビネットを採用し、デザインも新しくなった。ノード、ストレージアレイ、仮想化管理サーバー、InfiniBandスイッチなどを同一キャビネットに搭載可能で、設置スペースは前モデルのTeradata Active EDW 6650の場合と比べ、両モデルとも最大50%削減できるという。

 Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6700の価格は、6700Hハイブリッド型ストレージモデルの最小構成でハードウェア、ソフトウェア込みで1億9800万円(税別)、6700C HDDモデルの最小構成でハードウェア、ソフトウェア込みで1億4400万円(税別)から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -