レビュー
» 2013年05月23日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想デスクトップ環境における性能問題と解決のためのベストプラクティス

仮想デスクトップ導入の主要な懸念事項となる「パフォーマンス」と「ユーザ・エクスペリエンス」。現状の性能管理の問題点と、VDIに対応した性能監視手法を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 デスクトップ仮想化の話題はホットなトピック。Citrix XenAppやXenDesktop、VMware Viewなど代表的な企業向け製品が登場し活況を呈している。しかし、高い関心と多数の実績があるにも関わらず、パフォーマンスやユーザ・エクスペリエンスの問題で導入・展開に失敗するケースが増えている。

 仮想デスクトップは単一のサーバ上で動作するものではなく、複数の構成要素(Webサーバ、コネクションブローカー、AD、プロビジョニングサーバ、プロファイルサーバ、ネットワーク、ストレージなど)が相互に連携し合って提供される。このため、たった1つの問題がユーザ・エクスペリエンスに影響を及ぼす。さらに、性能問題の切り分けや根本原因の特定が非常に難しい。

 本コンテンツでは、eG Innovations社のモニタリングツールを活用して“仮想デスクトップ・サービス”のエンド・ツー・エンドのパフォーマンスを可視化し、障害根本原因・ボトルネック箇所を迅速に見つけ出すことで、ユーザ満足を実現し、スケーラビリティを確保するための手法および導入事例を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -