ニュース
» 2013年05月29日 18時05分 UPDATE

クラウド導入・利用を支援するITサービス市場は年率30.5%で成長――IDC

IDC Japanが発表した国内クラウドサービス向けITサービス市場予測によると、2012年の同市場規模は1528億円で、2017年には3.8倍の5793億円になると予想している。

[ITmedia]

 IDC Japanは5月29日、国内クラウドサービス向けITサービス市場予測を発表した。それよると、2012年の市場規模は1528億円となった。クラウドの発展とともに拡大を続け、2017年の市場規模は2012年比3.8倍の5793億円になると予測している。

 この予測は、パブリックおよびプライベートクラウドサービスの導入/利用を支援するITサービスを「クラウドサービス向けITサービス市場」として定義し、市場調査を踏まえたもの。同市場は、サービスベンダーの知識/知見に基づく人的能力の提供に焦点を合わせている。そのため、パブリッククラウドサービスやホスティング型のプライベートクラウドサービスにおける基本サービスは、ハードウェア/ソフトウェア製品と同様に関連市場として扱い、クラウドサービス向けITサービス市場から除外しているという。また、エンドユーザーの動向を把握するために、クラウドプロバイダー/サービスベンダーの支出も除外している。

 クラウドサービスは、サービスベンダーのベストプラクティスを活用することが重要であり、同活用を容易とする特徴を持っているという。そのため、サービスベンダーの事業規模に関わりなく、強いベンダーは「より強く」、特徴を持たないベンダーは急速に競争力を失い、淘汰(とうた)の危機を迎えことになる。同社ITサービスのリサーチマネージャーの松本聡氏は、「サービスベンダーは、現在のクラウド関連の事業規模が限定的であったとしても、クラウドに注力することが重要だ」と述べている。

idc0529.jpg 国内クラウドサービス向けITサービス市場 サービスセグメント別支出額予測、2012年〜2017年(出典:IDC Japan)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ