ニュース
» 2013年05月30日 16時05分 UPDATE

2013年の中堅・中小企業IT市場は横ばい――IDC予測

IDC Japanが発表した国内の中堅・中小企業IT市場の2013〜2017年の動向予測では、2013年は横ばいにとどまり、本格的な回復は2015年以降になると予測している。

[ITmedia]

 IDC Japanは5月30日、国内の中堅・中小企業IT市場の2013〜2017年の市場予測を発表した。これによると、2013年市場は、円安、株高によって国内経済が改善しているが、依然として多くの中堅中小企業で業績の回復が遅れていることや、2012年のハードウェア更新需要の反動などの影響により、市場規模は前年比0.0%の3兆6694億円とほぼ横ばいとなると予測している。

 2013年の市場環境としては、政府による積極的な経済政策によって急速な円安、株高になり国内経済は回復の兆しが見えている。また、東北地方の復興もさらに加速しており、業績が改善する企業が徐々に増加している。しかし、新興国の企業との競争激化、大手製造業の生産拠点の海外移転も加速しており、依然として多くの企業で業績回復が遅れていると同社はみる。

 加えて、2012年にPCなどハードウェアの更新需要が拡大したが、2013年はその反動もあり、多くの中堅・中小企業でIT支出は抑制傾向になっている。そのため、2013年の同市場の成長はほぼ横ばいとなり、本格的な回復は2015年以降になると予測。一方、製品別では中堅企業を中心にソフトウェア、ITサービスでは2013年以降のプラス成長を予測している。

 産業分野別では、2013年は情報サービス業で前年比1.8%のプラス成長、流通業ではほぼ横ばいとなるが、その他の産業ではマイナス成長を予測している。また、2014年は各産業分野でマイナス成長となり、本格的な回復は2015年以降とIDCはみている。ただし、流通では消費増税への対応、サービスに含まれる医療、介護では地域医療連携対応などを目的としたIT支出の拡大が見込まれるとしている。

 地域別では、2013年は多くの地域でマイナス成長を予測しているが、北海道/東北地方、関東地方、北陸/甲信越地方ではプラス成長を予測している。特に北海道/東北地方は、復興需要の拡大、大手企業の拠点設置などによって、これまで遅れていた中堅・中小企業でもようやくIT支出の拡大が見込まれるという。一方、その他の地方では地域経済の回復の遅れ、大手製造業の生産拠点の撤退、縮小の影響によってIT支出の抑制傾向が継続するとみている。

idc0530.jpg 国内中堅中小企業IT市場 前年比成長率予測:2012年〜2017年(出典:IDC Japan)

関連キーワード

2013年 | IDC | SMB | IT投資


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -