ニュース
» 2013年06月17日 15時52分 UPDATE

キヤノンITS、マルチプラットフォーム対応の法人向けセキュリティ製品を発売

Android対応製品を追加した総合セキュリティ製品の「ESET Endpoint Protection Advanced」と、ウイルス/スパイウェア対策の「ESET Endpoint Protection Standard」を新たに発売する。

[ITmedia]

 キヤノンITソリューションズは6月17日、マルチプラットフォーム対応の法人向け総合セキュリティ製品「ESET Endpoint Protection Advanced」およびウイルス/スパイウェア対策製品の「ESET Endpoint Protection Standard」にAndroid対応プログラムを加えて、7月1日から発売すると発表した。

 両製品はこれまでWindows、Mac、Linuxに対応。追加されるAndroid対応プログラムではウイルス対策、スパム対策、盗難対策、セキュリティ監査、パスワード保護、「ESET Remote Administrator」によるリモート管理が可能になる。

 購入形態は、利用するOSの種類を問わず、利用台数分を購入する。価格は従来販売していたESETの法人向けライセンス製品と同一になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -