レビュー
» 2013年06月18日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:地域中核病院がExchangeからNotes/Dominoに移行した理由

飯塚病院は、診療や研修医の育成を担う地域中核病院だが、研修医の指導に課題があった。その課題を解決したのがExchangeからNotes/Dominoへの移行というグループウェア基盤の見直しであった。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 紙ベースで研修医の評価を行っていた福岡県飯塚市の地域中核病院、飯塚病院。同病院は、ワークフローを活用すべく、グループウェア基盤の見直しを決断した。43に及ぶ項目を比較し、それまで利用していたMicrosoft Exchange ServerからNotes/Dominoに移行した。

 Notes/Dominoの導入により、ワークフローが可視化され、研修医のタイムリーな評価、入力方法簡易化などによる業務改善、プリントアウトの削減を果たした。

 同病院がExchange ServerからNotes/Dominoに移行した決め手は何だったのか? Notes/Dominoのさらなる適用範囲の拡大とは? 同病院の導入事例を通して、グループウェア移行・導入のヒントを提供する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ