レビュー
» 2013年07月01日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:IDM導入事例:グローバル・エンジニアリングにおける人と情報アクセスの管理

千代田化工建設では、アイデンティティ管理ソリューション・スイートの「Oracle Identity Management」を用いて、約5000人の従業員を対象とするID管理システムを構築。プロジェクト単位での活動が多く、組織変更が頻繁な会社が統合ID管理を実現した方法とは?

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 「パスワード管理も統合でき、管理業務に関わる工数は大幅に削減されました。Oracle Identity Managementのプロビジョニング機能により、アカウントを他システムへ配信して、全社でIDの同期がとれます。しかもこうしたID管理の動きはすべて証跡を記録して、監査人に提示できます。全社の情報セキュリティ管理が大きく前進しました」

 本コンテンツは、千代田化工建設ITマネージメントセンターのセンター長、 増川順一氏と、千代田化工建設グループのシステム会社であるITエンジニアリング執行役員 加藤亨氏が、統合的なID管理システムの必要性、システム構築によりどのように課題を解決できたか、運用管理面でどういうメリットが得られたかについて解説したOracle OpenWorld Tokyoセッションの内容をレポートにまとめたものである。

内容

01 プロジェクトをスピーディかつスムーズに進めるには統合ID管理が不可欠

02 発行から廃止に至るIDのライフサイクルを管理

03 Oracle Identity Managementのプロビジョニング機能も高く評価

04 他システムへのアカウント配信で全社IDを同期

※所属・役職などは、講演当時のものです。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ