レビュー
» 2013年07月02日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:クラウドと融合するJavaベースのアプリケーション実行基盤

企業システムの要として、重要な役割を担うアプリケーションサーバ。「Java EE 6」に完全準拠し、エンタープライズクラウドのハイレベルな要件を満たす最新のアプリケーション実行基盤が注目を集めている。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 ハードウェア性能の進化、ネットワーク環境の整備などに伴うビジネスの変革は、トランザクションやデータ量の加速度的な増加を生み出している。そのため、企業は現在のIT要件を満たすことを考えているだけでは不十分だ。今後のビジネスの成長を想定し、ITがリードしていくことが求められている。

 すなわち、それは「柔軟な拡張性を実現し、全てのサーバをフル活用可能なクラウド型アーキテクチャを備えたインフラ基盤」を指す。こうした新しいシステムニーズが明確に形となってきた今、ミッションクリティカルシステムの中核として多くの企業に採用されているWebアプリケーションサーバがあらためて注目を集めている。本稿では、エンタープライズシステムの最新の標準技術「Java EE 6」に完全準拠したアプリケーション実行基盤の概要や導入メリットなどを詳細に解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -