レビュー
» 2013年07月09日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:どこまで低遅延?  次世代データセンター・ファブリックを徹底検証する

クラウドの本格化で注目される次世代の「データセンター・ファブリック」。その実力を検証するため大規模環境でのテストを実施、検証で判明したその真の実力とは?

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 クラウド時代の真っ只中でネットワーク帯域の確保や伝送遅延の抑制、リソースの効率利用の向上などをアーキテクチャレベルで実現する次世代の「データセンター・ファブリック」。ネットワークベンダー各社が独自技術や標準化技術などを駆使し、特色ある関連製品や技術を相次いで市場に投入している。とはいえ、最新技術であればあるほど、実際にどれほどの効果があるのかを直感的に理解するのは難しい。

 そこで独立系テストラボ企業である米Network Test社が、代表的なデータセンター・ファブリック・システムである「QFabric」の詳細なテストを敢行した。レイヤー2トラフィックのスループットは最大チャネル容量に近いレート、レイヤー3トラフィックの平均レイテンシはほとんどのフレームサイズで10マイクロ秒以下など、ファブリックの高い性能を如実に示す結果となった。

 本資料はその他、QFabric運用の容易性や相互運用性などについても調査している。数々の調査結果から、真の実力が実感できるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -