レビュー
» 2013年07月11日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:大規模プライベートクラウド事例に見るバックアップと可用性の解決策

ホストとオープン系システムを統合し、プライベートクラウド化した江戸川区。課題はそのデータ保護と可用性の担保だった。事例に加え、クラウドにおける可用性を担保する具体的な手法を詳細に解説する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 企業システムのプライベートクラウド化を考える上では、データとサービスの保護を重視する必要がある。そのため、データ保護をつかさどるバックアップの視点では、「クリティカルなアプリケーションの仮想化を妨げないこと」と「管理性を損なわないようにバックアップウィンドウを削減すること」が非常に重要だ。一方で、サービスの保護を担保する可用性確保の視点では、「クラスタの切り替え時間の短縮」を重視しなければならない。

 従来手法ではプライベートクラウド内のデータ全てを毎回フルバックアップすることは不可能だった。しかし、データ保護と整合性維持のためにはフルバックアップイメージを持つ必要がある。また、可用性担保のためには障害発生から復旧までの時間を短縮しなくてはならない。

 本ホワイトペーパーでは、プライベートクラウドを適切に運用するためのフルバックアップイメージの取得と復旧時間の短縮を実現する具体的な手法を紹介する。プライベートクラウドを推進・運用中のユーザーにぜひ読んでほしいコンテンツだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ