レビュー
» 2013年07月23日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:やっと仮想化導入に踏み切れる?! VHD提供を実現したカンタン仮想化手法とは?

「仮想化」が注目されてから久しく経つが、中堅・中小企業においてはコスト、時間、体制面のハードルにより、導入に踏み切れていない企業も多い。どうすれば簡単、低コスト、安心の仮想化導入を実現できるだろうか?

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 中堅企業から大手企業を中心に仮想サーバやクラウドサービスの導入が本格化しており、もはやITシステムに仮想化環境を利用するのは当たり前とも言える状況となってきた。

 しかしITの専任担当者が少人数、もしくは一人もいないという中小企業にとって“コスト、時間、体制面でハードルが高い”と言わざるを得ない。

 本ホワイトペーパーでは、中小企業でも簡単かつ低コスト、安心の仮想化環境を導入・運用できるソリューションを紹介する。

 VHD技術を軸に、富士通マーケティングのノウハウを結集させた「AZBOX」ソリューションの紹介を通じて、仮想化環境導入の参考にしていただきたい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ