レビュー
» 2013年07月25日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:災害復旧計画の見直しで使える10のベストプラクティス

BC/DR機能の改善は多くの企業が優先事項に掲げているものの、対策が不十分であるのが実情だ。だが、適切なDR計画なしにDRを成功できる確率はゼロに近い。本資料では、少ない予算でDRを成功に導く上で欠かせない、DR訓練プログラムのベストプラクティスを紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 リサーチ会社の米ForresterがIT部門および企業の責任者2741人に聞いた調査によると、60%以上が事業継続(BC)/災害復旧(DR)機能の改善を「優先事項/最優先事項」と回答したという。ただし、彼らがBCP/DRで確保できる予算はIT資本の6.6%にすぎないことも明らかになった。

 Forresterは、少ない先行投資でBC/DRを改善する最も実用的な施策に、「DR訓練プログラムの改善」を挙げている。DR計画や訓練プログラムの改善が重要であることは、多くの企業が理解しているだろう。だが、経営陣によるサポートが得られない、IT部門のリソースが限られている、ビジネスプロセスの中断を懸念しているなど、さまざまな障壁を理由に後回しにしてはいないだろうか。しかし、DRはそれほど甘いものではない。本資料によれば、DR計画を訓練せずにIT運用を正常に回復できる可能性はほんのわずかであり、回復目標を達成できる可能性はゼロだという。そればかりではなく、回復目標を達成できなければ、何百万から何億円もの損失が生じるだろう。

 そのような損失を引き起こさないために、ForresterはDR訓練プログラムを改善する10のベストプラクティスを提案している。資料では、訓練のシナリオはどこをポイントに作ればよいのか、テストはどれくらいの頻度で行うべきかなど、具体的なノウハウが凝縮されている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ