レビュー
» 2013年07月26日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化が解決する、中堅・中小企業のリアルな課題

仮想化のメリットを享受できるのは大企業だけではない。この資料では、中堅・中小企業(SMB)に向けた仮想化のさまざまなメリットを紹介している。また、SMB向けのVMwareライセンス、VMware製品の機能および用語解説も一覧表で学ぶことができる。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 仮想化は、世界中の大企業で採用されているテクノロジーだ。ハードウェアや電力、冷却コスト、設備費用で数十億ドルを削減し、クラウドコンピューティングへの移行を促進している。しかし、こうした仮想化の恩恵を享受できるのは、必ずしも大企業とは限らない。

 小規模なIT環境においても、現実的なメリットを多く実現できることをご存じだろうか。例えば、インフラストラクチャの簡素化だ。仮想化ソフトウェアによりアプリケーションを実行するハードウェアの制限や要件が外されることや、サーバ統合によるハードウェアの削減は、インフラストラクチャの簡素化と、運用管理の効率化に寄与する。他にも仮想化は、ビジネス展開スピードの向上、事業継続性など、さまざまなメリットを提供する。

 この資料では、中堅・中小企業(SMB)に向けた仮想化のメリットを紹介している。また、SMB向けのVMwareライセンス、VMware製品の機能および用語解説も一覧表で学ぶことができる。これから仮想化に取り組むSMBにとっては、効率的に技術と製品、両方知識を習得できる良質なコンテンツといえる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ