ニュース
» 2013年07月29日 15時55分 UPDATE

デジタルアーツ、メールセキュリティソフトの最新版を発売

「m-FILTER Ver.3.6」では管理者の運用業務の負担を軽減するための機能強化が図られた。

[ITmedia]

 デジタルアーツは7月29日、メール誤送信対策ソフトウェア製品の最新版「m-FILTER Ver.3.6」を発売した。管理者の運用負担を軽減するための機能を強化している。

 最新版では企業の管理者が作成しているグループ単位での所属ユーザー情報を一括で処理できるようにした(従来はエクスポート/インポート操作が必要)ほか、WebベースのGUIに加えてコマンドラインインタフェースも提供する。グループやグループユーザー、グループ管理者、キーワードリストなどをコマンドラインで設定できるようにした。

 また、分割したメールに対するZIPパスワードロックを行う際に、メッセージのIDが同一であれば同一のパスワードを発行できるようにして、メール送信者の負担を軽減したという。

関連キーワード

デジタルアーツ | メール | 誤送信対策


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -