レビュー
» 2013年07月30日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:非常時でもサーバーからルーターまで効率的に保守できる本当に使えるリモートアクセスとは?

いつでもどこからでもデータセンター内の各デバイスに 簡単かつ安全にアクセス制御! ソフトウェアツールとハードウェアツールでのリモートアクセスの違いや「統合管理ソリューション」の必要性を解説する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 IT管理者は、サーバー、ネットワークデバイスやアプリケーションにいつでもどこからでも柔軟にアクセスできることを願っている。デバイスの不具合、サーバー攻撃からの防御、サイバー侵入およびマルウェアや自然災害などによる問題など、データセンターは絶えず危険にさらされている。

 セキュアなリモート管理の必要性は、ネットワーク管理者のToDoリストの最優先事項として上がってきている。今まで、これは大規模なデータセンター以外にはコスト的に難しいものであった。しかし、IPリモート管理デバイスに値ごろ感がでるようになり、どんな規模の組織でも、インターネット接続やブラウザを通じて、部屋を飛び越えたり、分散型のコンピューター環境であるオフィスビルのいたるところやグローバルな境界を越えたりしながら、セキュアなIPアクセスができるようになってきた。

 これらを実現するためのハードウェアによるリモート統合管理の方法を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ