ニュース
» 2013年07月30日 14時11分 UPDATE

日本HP、データセンター向けL3スイッチを発売

40G QSFP+を最大64ポート収容できる「HP FlexFabric 11900 スイッチシリーズ」を発表した。

[ITmedia]
hp01.jpg HP FlexFabric 11900 スイッチシリーズ

 日本ヒューレット・パッカードは7月30日、データセンター向けL3スイッチ新製品の「HP FlexFabric 11900 スイッチシリーズ」を発表した。データセンターでのトラフィック量の増大に対応して、中規模から大規模ネットワークにおけるアグリゲーションを実現する製品となる。

 HP FlexFabric 11900 スイッチシリーズは、20Uのシャーシにラインカードスロットを8基搭載、最大64ポートの40G QSFP+と最大384ポートの10G SFP+を実装できるようになっている。最大スイッチング容量は7.7テラbps。また、TRILL(Transparent Interconnection of Lots of Links)や、FCoE、IPv6などに追加ライセンスを購入することなく対応できるほか、今後はOpenFlow 1.3への対応も予定している。

 製品ラインアップと価格は、HP FlexFabric 11908-Vが1475万2500円から、HP FlexFabric 11900 32-port(10GbE SFP+ SF Module)が871万5000円、HP FlexFabric 11900 48-port(10GbE SFP+ SF Module)が1071万円HP FlexFabric 11900 4-port(40GbE QSFP+ SF Module)が586万9500円、HP FlexFabric 11900 8-port(40GbE QSFP+ SF Module)が1050万円となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -