ニュース
» 2013年07月31日 14時13分 UPDATE

日立のストレージ製品「VSP」が世界最高IOPSを記録 「SPC Benchmark-1」で

日立のストレージ製品「VSP」が、ストレージ製品のベンチマークテスト「SPC Benchmark-1」で世界最高のIOPS(Input Output Per Second)値を記録した。

[ITmedia]
photo

 日立製作所のエンタープライズディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」(VSP)が、ストレージ製品のベンチマークテスト「SPC Benchmark-1」で世界最高のIOPS(Input Output Per Second)値を記録した。日立製作所が7月31日に発表した。

 SPC Benchmark-1は、ストレージベンチマークの国際標準化団体「Storage Performance Council」(SPC)が実施しているストレージサブシステムのベンチマークテスト。VSPは同テストで60万2019 SPC-1 IOPS1(SPCが定める1秒当たりのデータ入出力処理数)を記録し、エンタープライズディスクアレイ製品としては世界最高となったという。

 テストに用いたVSPは、日立製作所のVSP向けフラッシュモジュール「Hitachi Accelerated Flash」とデータ処理高速化ソフトウェア「Flash acceleration」で構成。2011年の計測時と比べてデータ入出力処理数が向上したほか、処理性能当たりの価格も65%抑え、2.86ドル/SPC-1 IOPS1を達成したという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -