ニュース
» 2013年08月09日 17時54分 UPDATE

F5ネットワークス、ミッドレンジクラスのBIG-IPファミリ製品を拡充

F5ネットワークスジャパンは、アプリケーション・デリバリ・コントローラ(ADC)用途に適した新ハードウェアプラットフォーム「BIG-IP 5000/7000シリーズ」を発表した。

[ITmedia]

 F5ネットワークスジャパンは8月9日、アプリケーション・デリバリ・コントローラ(ADC)用途に適したミッドレンジのハードウェアプラットフォーム「BIG-IP 5000/7000シリーズ」を発表した。

 新製品は、従来の同一価格帯のBIG-IPハードウェアに比べて2〜7倍のコストパフォーマンスを実現できるとしている。また、柔軟性に優れたプラットフォーム上でダイナミックなアプリケーション・サービスの統合が可能になるという。

 全機種で10Gインタフェースを実装し、80PLUS規格に準拠した省電力性を実現。また「BIG-IP 5200v/7200v」の2機種ではF5の仮想化ソリューションである仮想クラスタ・マルチプロセッシング(vCMP)機能を標準サポート。効率性をさらに高めたインフラの構築と拡張を簡素化するとしている。

提供開始は2013年9月の予定。価格はBIG-IP 5000シリーズが816万円(税別)から、BIG-IP 7000シリーズは952万円(同)からとしている。

F5ネットワークスジャパンは、アプリケーション・デリバリ・コントローラ(ADC)用途に適した新ハードウェアプラットフォーム「BIG-IP 5000/7000シリーズ」を発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -