レビュー
» 2013年08月15日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:戦略的なストレージ投資を実現可能にする3つのキーワード

近年、大きく変化している企業のストレージ環境。ストレージの統合やコスト削減を実現しつつ、ビッグデータやクラウドなどにも対応可能なシステムを構築するために必要なこととは何か? そのポイントをガートナー ジャパンのアナリストが語る。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 @IT担当編集長(収録当時)の三木 泉を聞き手に、ガートナー ジャパンのアナリスト 鈴木雅喜氏(リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ リサーチディレクター)が、今後のストレージ投資戦略のポイントを語るWebキャスト。

 サーバ仮想化に伴うストレージ統合へのニーズや東日本大震災を契機としたバックアップ環境の見直しなど、近年ストレージを取り巻く環境は大きく変化した。また「シンプロビジョニング」「重複排除」「SSD(ソリッドステートドライブ)」などの関連技術が成熟し、幅広い企業が導入できる時代を迎えている。

 本Webキャストでは、「スモールスタート」「データ管理の効率化」「データ保全」の3つをキーポイントに、今後企業が取るべきストレージ戦略について、市場および関連技術の最新動向を交ながら解説。今後の企業成長に貢献するITインフラの構築を検討している担当者に最適なWebキャストだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -