レビュー
» 2013年08月22日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Linux、Windows、UNIXなどが混在し分散するIT環境でのバックアップコスト削減手法

複数のサーバーOSが混在し、かつ分散化するIT環境の企業では複数のバックアップソフトが必要になるなどバックアップコストは増大傾向である。費用削減が重要課題となっているIT部門にとって有効なバックアップコスト抑制のポイントを説明する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 進化し続ける情報技術のため、企業は新旧サーバOSやクライアントOSの混在を余儀なくされている。単一のOSだけで運用している企業は少なく、サーバOSであればUNIXとWindowsで運用している企業が多いのが実態である。UNIXもHP UXやAIX、Soralisなどが混在することもあるだろうし、Linuxも増加傾向である。

 クライアントにMac OSを使用している部門がある企業も少なくない。ヘテロジニアスなIT環境に加えて各地に点在する支社や事業所がデータ分散を進めてしまいバックアップコストを押し上げている要因となっている。

 混在・分散化している多くのIT部門のバックアップ担当者は、以下の問題に頭を悩ませている。

  • OSごとに対応バックアップソフトが必要となっている
  • 各事業所ごとにバックアップソフトが必要となっている
  • 増え続けるデータのためにバックアップ用ストレージが肥大化している
  • 仮想化環境での効率的なバックアップ

 これらの課題解決がバックアップにかかるコストを抑制する。本ホワイトペーパーは、各支店や事業所に分散化したデータを一括し、統合バックアップへ移行することでコスト抑制に成功したミロク情報サービスの事例を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -