レビュー
» 2013年08月23日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「クラウド統合型ストレージ」に関する米国マーケットリポート

クラウドを統合した新しいストレージ分野の出現。ストレージシステムを検討する前にこの新しい分野「クラウド統合型ストレージ」の理解を深めよう。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 クラウド統合型ストレージは新しい概念のため、これまでティアリング、ゲートウェイ、ハイブリッド型クラウドなどとして、さまざまに理解されてきた。これらの項目は包括的なクラウド統合型ストレージシステムにとって必要な要素ではあるが、それだけでは十分とはいえない。

 今後クラウド統合型ストレージというカテゴリが発展し、成熟するにつれ、数多くの実装オプションが考案されるだろう。しかしその本質は、クラウドストレージを単なる外部サービスとして使用するのではなく、ユーザーの主要なIT運用の一部としてクラウドストレージを統合し、管理するところにある。

 本リポートでは、クラウド統合型ストレージの概要から始まり、市場適用性、経済的価値にまで言及しているため、この新たな概念「クラウドストレージ」の理解を深めるきっかけになるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -