ニュース
» 2013年08月30日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:カリスマITアナリストが語る、全産業を覆うデジタル化の波

「IT コンシューマライゼーション」という言葉を生んだガートナーのアナリスト、スティーブ・プレンティス氏は、テクノロジ、ビジネス、社会の進化する関係性について刺激的な発言を続けている。同氏はあらゆる産業が、普遍的なデジタル化の波に飲み込まれようとしていると語る。

[TechTargetジャパン運営事務局,ITmedia]
20130422_27672_290x290_miki.jpg

 英サッカークラブ、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督にどことなく似ているような気もするガートナーの英国人アナリスト、スティーブ・プレンディス氏(ガートナーリサーチ バイスプレジデント兼ガートナーフェロー)は、「IT のコンシューマライゼーション」という言葉を生み出した人だという。

 その講演が面白い。「ヒューチャー・オブ・ヒューマン〜デジタル人間時代の到来〜」という講演では、身体機能拡張技術の最新動向や、メンタルトレーニングや脳への直接刺激による知覚・思考能力強化に関する研究を紹介し、「2022 年までに、企業の従業員と顧客の10%がデジタル強化される」とまで言い切っている。

 筆者は2013年4月下旬、「ガートナー IT インフラストラクチャ&データセンター サミット2013」のために来日したプレンティス氏にインタビューした。その内容を、2 回に分けてお届けする。今回は前編として、デジタル化の進展がもたらすさまざまな産業への影響に関する、同氏の考えをお届けする。

「カリスマITアナリストが語る、全産業を覆うデジタル化の波」をダウンロードする

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -