ニュース
» 2013年09月05日 13時30分 UPDATE

日本IBM、メインフレーム向けの情報漏えい対策ソフトを発表

IBMのメインフレーム「IBM System z」に特化した情報漏えい対策ソフトウェアスイートを提供する。

[ITmedia]

 日本IBMは9月5日、メインフレーム向け情報漏えい対策ソフトウェアスイート製品の最新版「IBM Security zSecure Suite V2.1」を発表した。同社の「IBM System z」シリーズに特化したもので、6日から提供を開始する。

 IBM Security zSecure Suiteは、独自のリソースアクセス管理機能(Resource Access Control Facility=RACF)を基盤として、ユーザーの識別と認証、リソースアクセス制御、監査などの機能を実装したもの。きめ細かなセキュリティポリシーの設定と適用やシステム内のリアルタイム監視および潜在的な脅威の検出、自動的なレポート作成といった機能も備える。

 最新版ではRACFでアクセス権限を管理するためのデータベース機能を強化し、複数のデータベースを比較して適切ではないユーザーIDからのアクセスを特定したり、長期間使用されていないユーザーIDの権限を一括で削除したりできる。また、セキュリティインシデント・イベント管理製品「IBM Security QRadar SIEM」と連携し、メインフレームを含めた情報システム全体でのセキュリティ脅威の監視が行える。

 監査機能も強化し、多角的な情報の分析をもとにしたコンプライアンスレポートの作成や機密情報の漏えいを自動検出する。米国防情報システム局のセキュリティ技術導入ガイド「DISA-STIG」や、クレジットカード業界のセキュリティ基準「PCI DSS」のインタフェースも備え、これらの基準に合致したレポートを容易に作成できるようにもした。

 ライセンス使用価格は218万430円(zEnterpriseの最小構成での価格)からとなる。

関連キーワード

IBM | メインフレーム | 情報漏洩対策


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -