レビュー
» 2013年09月06日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ポイントは「抽象化」と「分離」―― DBAの生産性を50%改善するシンプルで効率的なアプローチ

既存のアプリケーションやデータベースサーバへの変更を必要とせずに生産性を高める新たなアプローチ「ScaleArc」とは?

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 データベースのスケーリング、チューニングに悩んではいないだろうか?

 この問題を解決するためのポイントは「データベースを抽象化し、アプリケーションから分離」することだ。さらにすべてのクエリを可視化することで、より迅速にビジネスの目的達成を支援しながら、以下の様な効果をもたらすことも可能である。

  • DBAやIT運用の生産性収益が最大2倍
  • 高速データベースの応答時間が最大24倍速
  • トラフィック容量が最大9倍

 これらの効果をもたらし、データベースインフラの導入コスト、運用コストを最大50%削減できるデータベース・インフラストラクチャ・ソフトウェアの新機軸「ScaleArc」の仕組やメリットを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -