ニュース
» 2013年09月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「クラウドファースト」を理解するための8つのヒント

国内において、「クラウドファースト」という言葉を聞くことが今後増えてきそうだ。おそらく近い将来、この言葉の定義を巡る論争が起こるだろう。今回は「クラウドファースト」の本来の意味と、この言葉で目指すべき世界についてお伝えしたい。

[TechTargetジャパン運営事務局,ITmedia]
20130422_27672_290x290_miki.jpg

 「クラウドファースト」という言葉を、今後日本国内で聞くことが増えてくるだろう。そして例のごとく、この言葉を自分の都合のいいように、偏った意味で使う人も増えてくるはずだ。

 「クラウドファースト」という言葉は、企業や組織のITを、単純に全てクラウドサービスへ移行するという話ではない。この言葉が生まれてきた背景を知らないと、最終的に何を目指す取り組みなのかを理解できないだろう。

 今回のIT INSIDERは、この「クラウドファースト」という言葉の背景や文脈を、8つのポイントで説明する。

「クラウドファースト」を理解するための8つのヒントをダウンロードする

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ