ニュース
» 2013年09月18日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:サーバ仮想化におけるライセンスの選択

サーバ仮想化環境におけるライセンスの考え方は、非仮想化環境と比べ、考慮すべき層が増えたことで複雑になる。期待する恩恵を享受するためのライセンス選択のポイントとケーススタディによるコスト試算を、導入の際の検討指針として提示する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

サーバ仮想化導入の前に検討すべきこと

 近年、仮想化技術は広く浸透する道をたどり、“導入検討が当たり前”の風潮すら出てきた。その背景には「コスト削減効果」や「運用管理負荷の軽減」への期待が大きい。しかし、何も考えず同技術を採用するだけでは逆にコスト増、運用管理負荷増になってしまう場合もある。本稿では、運用を意識した環境を想定して、その環境を実現するために各社のサーバ仮想化製品を導入するコストを試算している。

当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化し、EPUB/Kindle(mobi)形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。

※当ページにて提供しているEPUB/Kindle(mobi)形式のコンテンツの利用法は、EPUB/MOBIコンテンツの閲覧方法をご覧ください。

サーバ仮想化におけるライセンスの選択:EPUB版

サーバ仮想化におけるライセンスの選択:Kindle版

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -