ニュース
» 2013年09月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:フラッシュストレージとSoftware Defined Storageの明日

ストレージ分野では、オールフラッシュストレージとSoftware Defined Storageが、新たなキーワードとして浮上してきた。この2つの間には何の関係もないように見えるが、実際には密接に連携するようになる可能性がある。一般企業における、この2つのトレンドの意味を考える。

[TechTargetジャパン運営事務局,ITmedia]
20130422_27672_290x290_miki.jpg

 消費者向けデジタル機器では当たり前となったフラッシュメモリが、企業コンピューティングにおける新たな記憶媒体として注目されている。現在はデータベースなど特定用途向けの利用が目立つが、今後どのように普及していくのだろうか。

 一方で、「Software Defined Storage」という言葉が急浮上してきた。これは現在、2つの意味で使われようとしている。ソフトウェアによるストレージ機能、そしてソフトウェアにおける各種ストレージ(ハードウェア、ソフトウェア)の集中制御だ。

 この2つの流れはどのように、企業コンピューティングに影響を与えるのか。クラウドサービスとの関連はどうなるのか。米ストレージベンダー幹部へのインタビューを交えて、これを解説する。

「クラウドファースト」を理解するための8つのヒントをダウンロードする

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -