ニュース
» 2013年09月20日 16時22分 UPDATE

SAPジャパン、ISV向けにデータベースソリューションを提供

SAPジャパンは、ソフトウェア会社のためのクラウドのデータベースソリューション「SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition」をリリースした。

[ITmedia]

 SAPジャパンは9月20日、自己管理型データベース製品「SAP Sybase SQL Anywhere」のクラウド版となる「SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition」の提供を開始した。自社製品ポートフォリオにクラウドを加えたいと考えているISVのためのクラウドのデータベースソリューションになるという。

 SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand editionは、全顧客データを一つのデータベースで管理する形ではなく、プライベートやパブリック、ハイブリッドなクラウド環境でのアプリケーションのホスティングにも対応する「アイソレートマルチテナンシー」アーキテクチャを採用。これによりISVは、クラウドサービスで課題となる企業のセキュリティ規定や法規制に準拠したセキュリティの高いサービスを顧客に提供できるようになるという。SAP Sybase SQL Anywhereの自己管理性をクラウドに応用したことで、何千もの顧客別データベースを単一の統合コンソールで容易に管理できるという。

 主な特徴は以下の点としている。

  1. リレーショナルデータベースとしてのフル機能をSaaSアプリケーションで利用可能
  2. ロードバランスやアイソレーションのための中断が最低限度に抑制され、テナントを移動可能
  3. テナントごとのカスタマイズが可能なアトミック型テナントデータベース
  4. 分離されたデータベースにより、テナントごとのデータレギュレーションに準拠した管理が可能
  5. 同じクラウド上で複数バージョンのソフトウェアを稼働させるためのプロビジョニングが可能
  6. 柔軟なタスクモデルにより、単一あるいは複数のテナントの実行を管理
  7. テナント数にもとづくスケーラビリティ
  8. ISVにフォーカスしたツール類とデータクラウドを意識したオペレーションの提供

 SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand editionは同日時点でWindowsとLinuxに対応する。

関連キーワード

SAP | データベース | Sybase | ISV | クラウドサービス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ