ニュース
» 2013年09月21日 11時00分 UPDATE

ビジネスマンの週末を癒すJazz:山中千尋 「モルト・カンタービレ」

[ITmedia]

 クラシックの楽曲をアレンジしてCDやライブなどで発表するJAZZアーティストはこれまでにも、そしてこれからも数多く存在するだろう。今回、作品としてこのテーマに初めて取り組んだのが、日本を代表するピアニスト・山中千尋だ。

山中千尋『モルト・カンタービレ』、定価:2800円(税込)、品番:UCCJ-2111、発売日:2013年8月、ユニバーサルミュージック 山中千尋『モルト・カンタービレ』、定価:2800円(税込)、品番:UCCJ-2111、発売日:2013年8月、ユニバーサルミュージック

 元々、山中千尋は桐朋学園大学卒業までクラシックピアノを専攻。米バークリー音楽院に入ってから本格的にJAZZの世界に入り込むようになった。まさにクラシックとJAZZの双方の真髄を知る彼女だからこそ、生み出せるアレンジや奏でることができるメロディーがあるのだ。

 実際、本作品に収録されているクラシックの定番「トルコ行進曲」や「エリーゼのために」などを聴けば、その魅力を十分に堪能することができよう。

 今回、オリジナル曲として「ハノン・ツイスト」と「カンタービレ」の2曲を用意。特にハノンは、ピアノ経験者であれば誰しもが“気の乗らない練習曲”として記憶するところだ。その固定観念を吹き飛ばすような、陽気でスウィンギーなこの曲は必聴の価値あり。ライブなどで盛り上がること間違いない名曲となるだろう。

収録曲

1. 前奏曲作品40の1(8つの演奏会用エチュードから)/カプースチン

2. トルコ行進曲/モーツァルト

3. ハノン・ツイスト/山中千尋

4. 奈ポレオン応援歌/三宅榛名

5. カンタービレ/山中千尋

6. 愛の夢 第3番/リスト

7. 夢のあとに/フォーレ

8. 熊蜂の飛行/リムスキー=コルサコフ

9. エリーゼのために/ベートーヴェン

10. 即興曲第15番《エディット・ピアフを讃えて》/プーランク


演奏者

山中千尋(p)/ベン・ウィリアムス(b)/ジョン・デイヴィス(ds)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ