レビュー
» 2013年09月26日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:業務システムクラウド化の不安を解消する「持たないプライベートクラウド」とは

可用性やセキュリティ、パフォーマンスを懸念してなかなか業務システムのクラウド化に踏み込めない企業は多い。クラウドサービスの要といえるストレージに焦点を当て、サービス選びのポイントに迫る。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

クラウドサービスはさまざまな用途で使われ始めている。しかし、こと「社内の業務システム」となると、サービスの可用性やセキュリティ、パフォーマンスといった不安が払拭できず、社内で運用を継続すべきか、それとも一部でも外部のサービスに任せるか、といった議論がつきないテーマだ。

 このWebキャストでは、社内の業務システムを対象としたクラウドサービス「IIJ GIO 仮想化プラットフォーム VWシリーズ」を展開するインターネットイニシアティブ(IIJ)と、同サービスを支えるユニファイドストレージを提供するEMCの担当者を招き、@IT担当編集長の三木 泉が業務システムのクラウドサービス選びのポイントに迫る。

 オンプレミスでプライベートクラウド化した業務システムと同じような自由度を持つ「持たないプライベートクラウド」とはどのように設計されたサービスなのか。特にクラウドサービスを支えるストレージに求められる要件に焦点を当てて解説している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ