レビュー
» 2013年10月01日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:実効容量の比較で分かる! スケールアウトNASのTCO削減効果

近年、関心が集まっているスケールアウトNAS。一般的なNASと比べて運用管理の大幅な軽減が可能となる。 その導入はTCO削減にも非常に効果的だ。実効容量200Tバイト時のTCOを比較してみた。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ストレージ機器のコストを比較する際、単に物理容量をベースとするコスト評価は適切ではない。ストレージにはデータ保存に使用できないオーバーヘッドが存在し、その種類にはRAIDのパリティやディスクのホットスペア、内部管理領域などがある。システム構成によって容量が異なるこれらのオーバーヘッドを除外し、実際にデータ保存に利用可能な“実効容量”に基づいたコスト評価がより重要となる。

 本稿では、スケールアウトNASと一般的なNASのTCOを徹底比較。「オーバーヘッドと実効容量」「ディスク利用効率」「イニシャルコスト」「ランニングコスト」「マイグレーションコスト」などを詳細に比較しており、スケールアウトNASのTCO削減効果を具体的な数値で把握できる。ストレージ運用のコスト面で悩んでいる管理者にお勧めのホワイトペーパーだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ