ニュース
» 2013年10月04日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:予算内でストレージを最大限に活用する方法

ストレージ環境の構築について判断を誤ると、財務責任者の機嫌を損なう事態になりかねない。本製品導入ガイドでは、変わりつつあるストレージ業界を展望し、さまざまな技術を実装していかに最大限の効果を引き出すかにスポットを当てる。

[TechTargetジャパン運営事務局]
20130422_27672_290x290_miki.jpg

 企業ITの中で重要度が高まり続けるストレージ環境。本製品導入ガイドは、ストレージの投資対効果を最大化するヒントとなる3つの記事で構成されている。

 まずは、米Forresterのアナリストによるストレージの各種トレンド解説と、テーマごとのアドバイス。これで、ストレージ市場の最新動向を押さえることができる。

 2つ目の記事では、バックアップ用途で使われてきた重複排除技術を通常のプライマリストレージへ適用するアイデアを考察する。以前は効果が低いとされてきたプライマリストレージでの重複排除。だが、ある技術の普及によってプライマリストレージでの重複排除が現実味を帯び始めているのだ。

 3つ目の記事は、VDI環境におけるストレージプロビジョニングについて解説する。この分野で起こっている動向を押さえ、効果的なストレージ投資のヒントを提供する。

予算内でストレージを最大限に活用する方法

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -