レビュー
» 2013年11月01日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:名古屋工業大がクライアントPCをリプレース 選ばれたリッチクライアントの導入効果

2012年4月にクライアントPCの全面リプレースを決断した名古屋工業大学。比較検討の結果選ばれたリッチクライアントの導入効果と製品選定の理由に迫る。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 国立大学法人 名古屋工業大学は、広大なキャンパス内の6カ所に500台以上のクライアントPCを設置し、学習支援のためのIT活用を積極的に進めている。しかし、クライアントPCの台数増加に伴い運用負荷も増大、人手による管理が限界に達していた。この問題を解決するため、同大学は2012年4月に、クライアントPCのリプレースを決断した。

 導入に当たり、シンクライアント、ネットブート型PC、リッチクライアント(一般的なクライアントPC)を候補として比較検討。たどり着いた結論が、リッチクライアントの採用だった。シンクライアントやネットブート型PCと比較して、極めて安価に利用環境を整備でき、浮いたコストをメモリ増設などに回すことで、高いスペックを要するアプリケーションを稼働させるのに十分な性能を確保できたという。

 このホワイトペーパーでは、同大学のクライアントPCリプレースプロジェクトにおける、製品選定のプロセスを紹介。比較検討の結果選ばれたインテル Core vPro プロセッサー・ファミリー搭載「Dell OptiPlex 990 USFF」のコスト削減効果や運用負荷軽減効果を解説している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ