ニュース
» 2013年10月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:エンタープライズクラウドを定義する

プライベートクラウドの導入を検討する企業に向け、「コミュニティークラウド」「エンタープライズクラウド」「仮想プライベートクラウド」「ハイブリッドクラウド」といったさまざまなエンタープライズクラウドを整理して紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 クラウドコンピューティング(以下、クラウド)が一般的に認知されるようになり、クラウドを導入し始める企業も増えている。しかしながら、クラウドの定義はあいまいであり、企業ユーザーの混乱を招いているのも実情だ。そこで、クラウドの利用モデルを整理したい。

 米国のNIST(アメリカ国立標準技術研究所)によると、クラウドは、5つの特性、3つのサービスモデル、そして4つの利用モデルで構成される。当コンテンツでは、エンタープライズクラウドの導入で鍵となる利用モデル「仮想プライベートクラウド」にフォーカスするとともに、オンプレミスからのマイグレーションやハイブリッドクラウドの実現についても解説する。

 特にプライベートクラウドの導入を検討する企業には必見のコンテンツである。

当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化し、EPUB/Kindle(mobi)形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。

※当ページにて提供しているEPUB/Kindle(mobi)形式のコンテンツの利用法は、EPUB/MOBIコンテンツの閲覧方法をご覧ください。

エンタープライズクラウドを定義する:EPUB版

エンタープライズクラウドを定義する:Kindle版

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -