レビュー
» 2013年10月11日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:“なし崩しBYOD”の阻止から始めるスマホの業務活用、 NetAttest EPSでセキュリティ対策と効率的な運用・管理を実現

iPhoneやiPad、Android端末といったスマートデバイスの普及で、企業内端末の多様化が急速に進んでいる。そうした中、無線LANやVPNなど、社内LANの入り口で「利用者」や「端末」を認証することがより一層重要になってきている。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 スマートデバイスの普及で企業にとってますます大きな問題となりつつあるのが、通信機能を備えた持込端末からの社内LANへの不正接続である。また、この際に重要になるのが「認証」である。

 社内LANの入り口で「認証」を行うことで、不正ユーザーや不正端末からの接続を排除できる。ただ、ID/パスワードを利用した認証だけの場合、正規ユーザー(従業員)による持込端末の無許可な接続を防ぐことはできない。従業員による持込端末の無許可な接続を防ぐ場合は、端末認証を行わなければならない。

 NetAttest EPSは、無線LANアクセスポイントやVPN機器などと連携し、「利用者」や「端末」が正規のものか否かを判断する認証サーバ。認証サーバとして必要なRADIUSサーバ機能、プライベートCA(認証局)、ワンタイムパスワードなど、ネットワーク認証で必要な機能を1台で実現したアプライアンスである。また、NetAttest EPSのオプションであるNetAttest EPS-apを利用することで、スマートデバイスの業務利用におけるセキュリティと効率的な導入・運用管理をサポートする。

 ホワイトペーパーでは、スマートデバイスの”なし崩し”的導入を防ぐ方法や安全かつスムーズに導入・運用する方法等を説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -