ニュース
» 2013年10月15日 14時43分 UPDATE

3.5ペタバイトまで拡張できるストレージ新製品を発表 日本オラクル

日本オラクルはストレージ最新版「Oracle ZFS Storage ZS3」シリーズを提供開始した。

[ITmedia]

 日本オラクルは10月15日、ストレージ製品の最新版「Oracle ZFS Storage ZS3」シリーズを提供開始した。

Oracle ZFS Storage ZS3-4 Oracle ZFS Storage ZS3-4

 中規模コンピューティング環境向け「Oracle ZFS Storage ZS3-2」と、大規模コンピューティング環境向け「Oracle ZFS Storage ZS3-4」の2種類。ZS3-2は最大768テラバイトまで、ZS3-4は最大3.5ペタバイトまで拡張可能で、ともにデュアルコントローラのクラスタ構成に対応する。新機能として、オラクルのデータベース製品のチューニングや管理を自動化する「Oracle Intelligent Storage Protocol(OISP)」、高度かつ動的にデータベースを最適化する「Automatic Data Optimization(ADO)」、データベースの容量を10〜50分の1に圧縮し、必要なストレージ容量および帯域幅を削減するデータ圧縮技術「Hybrid Columnar Compression(HCC)」を実装する。

 これらによって、データセンターの設備、フロアスペース、保守管理など、ストレージに関連する費用を低減し、コスト削減を実現するという。

 また、新シリーズでは、SSD(ソリッドステートドライブ)をファイルシステムの一時記憶領域として扱う「Hybrid Storage Pool」の設計を強化。メモリ内のデータ重複を削減することにより、領域効率を4倍向上したほか、マルチコア対応などによって応答性能を2倍向上した。

 最小構成価格は、ZS3-2が359万3910円(税別)、ZS3-4が869万8266円(同)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -