ニュース
» 2013年10月16日 12時37分 UPDATE

NEC、中小規模の仮想化向けサーバやストレージを発売

バックアップ転送速度が向上したExpress5800シリーズのエントーサーバや、HDD容量を増やしたiStorage NSシリーズを発売する。

[ITmedia]

 NECは10月16日、中小規模システムでの仮想化を支援するサーバとストレージの新製品を発売した。

 サーバでは「Express5800シリーズ」の1Wayモデル3機種をラインアップに追加。「インテルXeon プロセッサー E3-1200v3製品ファミリー」を採用し、処理性能を従来比で最大10%向上させたほか、USB3.0ポートを標準搭載することで、内蔵バックアップ転送速度を従来の約3.2倍に高速化している。冗長電源や稼働中のHDD/SSD交換にも対応した。

 ストレージでは最大容量を従来比で約1.3倍の16テラバイトまで向上できる「iStorage NSシリーズ」2モデルを発表した。サーバとの連携で一次バックアップを行う際のデータ転送速度を従来比で約1.4倍、一次バックアップデータをストレージ内の内蔵データカートリッジへコピーして保管する二次バックアップの転送速度を従来比で約3.2倍にもそれぞれ高めた。

 運用管理機能の「ESMPRO」も強化し、複数のサーバやストレージをグループ化して電力消費を抑止する「グループパワーキャッピング」での手動設定や自動で均等に制御する方式を新たに追加している。

関連キーワード

サーバ | ストレージ | NEC(日本電気)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ