ニュース
» 2013年10月25日 07時01分 UPDATE

Safari版Flash Playerに新機能、サンドボックスで攻撃防止

Mavericks上のSafariにもサンドボックス機能が実装され、Flash Playerの脆弱性を突いた攻撃が食い止められるようになった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは10月23日、Appleの最新OS「OS X Mavericks」に搭載されたWebブラウザ「Safari」にセキュリティ機能のサンドボックスが実装され、Flash Playerの脆弱性を突いた攻撃が食い止められるようになったと発表した。

 Mavericksには、制限された区域内でしかアプリが実行できないようにするサンドボックス機能「App Sandbox」がカーネルレベルで実装され、アプリからユーザー情報やシステムリソースといったリソースへのアクセスを制限している。

 Flash Playerのファイルもこの機能によって実行できる環境が制限され、たとえ脆弱性が利用された場合でも、不正なコードによる損害を食い止めることが可能になる。

 Flash PlayerなどWebブラウザのプラグインの脆弱性を狙った攻撃は増加傾向にあり、サンドボックスによってそうした攻撃を食い止める機能はGoogleのChromeやMicrosoftのInternet Explorer(IE)、MozillaのFirefoxには既に実装されていた。

関連キーワード

サンドボックス | Flash Player | Safari


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ