レビュー
» 2013年10月28日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:事例:作業時間を1/6に削減した仮想化環境のバックアップ手法とは――選んだのは世界の「サンリオ」

システム全体の70%が仮想化されている株式会社サンリオは、業務システムを移行する度に異なるバックアップ手法を導入していたため、複数のソフトウェアや手順が混在するという問題があった。 同社が、仮想化環境のバックアップ体制の標準化を目指し、すべてのシステム担当者が作業を担当できる体制を整えるまでの方法を探る。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 バックアップ運用の標準化要件を満たし、かつ仮想環境に最適なバックアップソリューションを要望していた同社が選択したのは、CA ARCserve D2Dシリーズだった。選定の理由は、圧倒的なコストパフォーマンス、エージェントレスのシンプルな運用スタイル、ファイル単位でリストア可能な運用柔軟性の高さであった。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ