ニュース
» 2013年11月20日 13時17分 UPDATE

マカフィー、セキュリティ・イベント管理製品の日本語版を提供

セキュリティ脅威の可視化ソリューションとして、1日あたり数十億件のイベント処理能力を持つ「McAfee SIEM」の新版をリリースする。

[ITmedia]

 マカフィーは、システムなどのログの分析からサイバー攻撃などの脅威を検知する「セキュリティ・インシデント・イベント管理(SIEM)」ソリューション製品群の新バージョンとなる「McAfee SIEM 日本語版v9.3.1」を11月25日から提供すると発表した。

 McAfee SIEMは、ログやイベント情報、同社の脅威データベースなどの情報を相関分析することで、リアルタイムな脅威の検出と攻撃防御や脆弱性解決といった対策の実施、セキュリティ状態の把握やレポート作成などが行える。1日に数十億件のイベント処理能力を持つのが特徴という。

 日本語版では多様な日本語フォーマットへの対応など、日本語による容易な運用環境を提供する。

関連キーワード

McAfee(マカフィー) | SIEM


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -