ニュース
» 2013年11月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Computer Weekly日本語版 11月20日号:セキュリティ担当者を悩ます2つの敵

セキュリティ担当者の敵は、攻撃者だけではない。ある大手調査会社のセキュリティ侵害事例から得られる教訓とは? 他にも顧客ロイヤルティー向上に取り組むチェーンストアのマーケティング責任者へのインタビュー、Virginグループ企業の事例、恒例のCIOインタビューをお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]
13429.jpg

 Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。Computer Weekly日本語版 11月20日号は、以下の記事で構成されています。

  • セキュリティ担当者を悩ます2つの敵:ハッカーと経営陣のお花畑思考  2013年の(ISC)2 Security Congressでは、セキュリティ担当者が2つの敵との戦いを余儀なくされていることが浮き彫りになった。そのうちの1つは内部の敵だ。
  • CIOとCMOが連携してIT戦略を策定する英チェーンストア大手Tesco  英Tescoのマット・アトキンソン最高マーケティング責任者に、CIOとの連携、同社のデータ分析戦略とロイヤルティープログラムについて聞いた。
  • IaaSに全面移行した英Virgin Managementが得たもの  英Virgin Group子会社の経営サービス企業である英Virgin Managementは、ITインフラをIaaSに移行し、IT費用の削減とBYOD導入を実現した。
  • BlackBerryへの不信から始まった英医療機関のモバイル化プロジェクト  University College London HospitalのICT担当ディレクターに、モバイルテクノロジー導入の取り組みについて話を聞いた。
  • PRISM発覚で崩壊した情報セキュリティの幻想  スノーデン氏が暴露した米国政府の市民監視プログラム「PRISM」のことを、企業は無関係だと切り捨てることはできない。

「Computer Weekly日本語版 11月20日号:セキュリティ担当者を悩ます2つの敵」のダウンロードページに進む

「Computer Weekly日本語版 11月20日号:セキュリティ担当者を悩ます2つの敵」(EPUB版)」のダウンロードページに進む

「Computer Weekly日本語版 11月20日号:セキュリティ担当者を悩ます2つの敵」(Kindle版)」のダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -